シルクフラワーについて

DSCF0031.JPG
「コットリーナ」で使用しているシルクフラワーについてお話をいたします。

一般的に布で出来ている造花のことを「シルクフラワー」と呼んでいます。
素材はシルクとは限らず、ポリエステル、付属にビニール、プラスティックなどが、使われています。
またビロード風の加工やラメの効果が施されたものも、多く作られています。

1枚の花びらから染め上げて作る造花については「アートフラワー」と呼んで、上記の量産されている「シルクフラワー」と区別される場合もあります。

「コットリーナ」のお花は「シルクフラワー」ですが、
本物と間違えるほど丁寧で綺麗な作りの上、アレンジごとに細かい手作業でワイヤリング等の仕事を施してありますので、生花の持つ雰囲気に十分対応できる商品となっております。

シルクフラワーは生花のような水やりの手間がなく、また飾る場所も選ばず、持ち運びも簡単です。
さらに花粉や香りがないので、お洋服やカーテンなどを汚すことがありません。
お見舞いの品としても安心かと思います。

お取り扱いとしては、ホコリが気になる場合は、柔らかいハケ等でそっと拭ってください。
また長時間直射日光に当たる場所に置かれた場合、色落ちする事もありますので、ご注意ください。

しっかりとした作りを心がけておりますが、
お花を無理に動かしたりされますと、中のワイヤーで思わぬお怪我…が心配ですし、
またお花も抜けてしまうような場合もあるかと思われますので、
どうぞ優しくお取り扱いくださいませ。

DSCF0041.JPG
「コットリーナ」のお花が皆様のお部屋やオフィスで、
可愛く咲き続け、
そのまわりにたくさんの笑顔が花開くことを、
心より願っております。